ブログ!七転び八起き

出版編集者→ITスタートアップ起業→臥薪嘗胆準備中な人が中の人のブログです。

NewsPicksには凄い人がジョインしたらしい件

f:id:otasho:20171222003344j:plain

2017年12月21日開催された「NewsPicksピッカー感謝祭」へ参加してきました。

newspicks.com

NewsPicks運営主催のイベント。これまでNewsPicksのオフ会には2回参加しましたが「NewsPicks公式の忘年会(?)」への参加は初めて。

で、表題の件です。NewsPicksにはどうやら凄いヒトがジョインしたようなのです。

NewsPicks解説員?
…いえいえ。

CXOの誰か?
…いえいえ。

コンテンツ系でも、経営陣でもなく、Customer Satisfactionを統括するどなたかが凄いという話。

冒頭の写真に写っている「手書きのメッセージ」。これがその証左です。参加者には、お帰りの際にお土産があります〜。ということで受け取った

  • (意識高い系)チョコレート
  • NewsPicksロゴステッカー

これに加えて添えられていたのが「手書きのメッセージ」。

内容からすると、NewsPicksを各人がどのように利用しているかのログを踏まえての文章だろうとは思います。とはいえ、150名の参加者一人ひとりへ手書きのメッセージを書いて帰りの際に渡しているのです。これ凄いですよね!

思い起こせば2016年前半は、NewsPicksのコミュニティーは大荒れでした。実名強制? 強制退会? など不穏な空気が漂っていたものです。

そうした中、2016年5月16日に開催されたのが「NewsPicksの課題と可能性」と題するイベント。

newspicks.com

このイベントにもわたしは参加して次のような意見を質疑応答でしました。

NewsPicksのコアバリューは記事本体ではなくコメント欄。そのコメントを書いている人たちをないがしろ(あるいは無頓着)にしているのでは?

あれから1年半。今や、150名分の手書きメッセージをNewsPicksの中の人は書いているのです。このメッセージを書いたであろうCustomer Satisfaction部門のご担当者こそがNewsPicksの宝。こういう土壌がある限り、NewsPicksは安泰ですね。

NewsPicksが実践しているユーザーへのおもてなし。わたし自身のビジネスでも取り入れていこうと思った夜でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしかったら、この下の【B!ブックマーク(はてブボタン)】を押して頂けると嬉しいです。