ブログ!七転び八起き

出版編集者→ITスタートアップ起業→臥薪嘗胆準備中な人が中の人のブログです。

[CameraPet]About CameraPet

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

◆"Why this app(CameraPet) was born"

The reason was the Great East Japan Earthquake that struck Japan in 2011.

For many families, photos that were full of memories were washed away by the giant tsunami. Not only did children lose their lives, but also many people even lost the memories of their childhood. However, unlike a car or a home, memories cannot be repurchased.

So, we started the Egaonohon(books for smiles) service. This makes it possible to carry around in your smart phone both family memories and images of when you were a child at school. And those memories are stored in a cloud server. By doing so, we are trying to protect memories even if a major disaster happens again.

News about Egaonohon at the time.

thebridge.jp

thebridge.jp

However, it has been four years since the great earthquake, and maybe memories of the disaster have faded. The Egaonohon business is not doing well, and it has been decided that the company will close down.

However, we cannot give up on our mission to protect the memories of families around the world. So, while this might be a small app, with many people using the CameraPet app, we thought that we would like to also add a function to this app in future to protect memories.

While a small step, we thought it would be the first step towards protecting your memories.

 

Apr. 22, 2015

 

*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*

◆このアプリ(カメラペット)が生まれたわけ

2011年に日本を襲った東日本大震災がきっかけでした。

多くの家族の思い出の写真が大津波で流されました。子どもの命を奪われただけでなく、子どもがいた頃の思い出さえも奪われた人々が多数いました。しかも、家や車と違って思い出は買い直せません。

そこで、えがおの本というサービスを私たちは始めました。家族の思い出も、学校での子どもの姿も、両方をスマホで持ち歩けるようにする。そして、その思い出はクラウドサーバーでも保管する。そうすることで、大災害が再び起こっても思い出を守ろうとしたのです。

当時のえがおの本についての報道

toyokeizai.net

しかし、大震災から4年。災害の記憶が薄れたからでしょうか。えがおの本の事業は行き詰まってしまい会社は廃業することになってしまいました。

ですが、世界中の家族の思い出を守るという使命を諦めることはできません。そこで、小さなアプリですがこのアプリCameraPetを多くの人々に使っていただき、思い出を守る機能もこのアプリにゆくゆくは付けたいと考えています。

小さな一歩ですが、あなたの思い出が守られる第一歩になれればと思っています。

 

2015年4月22日

f:id:otasho:20150420114536p:plain

 

NewsPicksはコメントを投稿&Likeするだけじゃなかったらしい件

 


f:id:otasho:20181214224543j:image

f:id:otasho:20181214225646j:image

2018年12月14日。六本木で開催されたNewsPicksの「第3回ピッカー感謝祭」に参加してきました。

newspicks.com
感謝祭への参加は3回連続3回目。甲子園出場のノリで今や参加しています。以前の感謝祭に参加した時のレポートはこちら。

newspicks.com
で、今回です。NewsPicksをこれまで私は…

  1. Pickされた記事にまつわる業界の方ならではのコメントを読んで腹落ち
  2. 他方自分は「毒にも薬にもならないコメント」を入れて自己満足(汗)する
  3. ステキなコメントなのにフォロワーが少なく上位表示されていないコメントにLike

…という使い方をしていました。


これ、「ごくごく一般的なNewsPicksの使い方かな?」と思っています。

どうやらNewsPicksの使い方はいろいろあるらしい

ところがです! 

「第3回ピッカー感謝祭」のいちコーナーとして「はじまりはNewsPicks」という催しがありました。NewsPicksにまつわるエピソードの紹介です。


このコーナーに登壇なさった皆さんのお話を伺うとNewsPicksの使い方はそれだけではないようなのです。

中村 猛さん

f:id:otasho:20181214223725j:image


視覚障害者の方向けのプロダクトを開発なさっている中村さん。NewsPicksで自らの記事をpick→コメント欄での意見交換で「プロダクトのネーミングを名称を決定」したそうです。


「こ、こんな使い方もあるのか~!」と、とても新鮮でした。

 

佐々木 励さん

f:id:otasho:20181214223815j:image


IBM→BCG→LINEと華麗なる経歴をお持ちの佐々木さん。なんと2度の転職はともにNewsPicksのジョブオファー

「ご経歴、『NewsPicks度』が高いなぁ」と思ったんです。なるほどそういうことだったのですね。NewsPicksのジョブオファー、私も早めに使うべきでした。うぅむ。

Arai Kaoruさん

f:id:otasho:20181214223900j:image


最近は、NISSANの前会長ゴーンさんの関連記事でよくお見かけするAraiさん。わたしもフォローさせていただいています。

Araiさんも華麗なるご経歴ですが実は「物を書く仕事をするのが夢」だったとのこと。そこで、ブログ(You can know it – tech)を書きはじめてNewsPicksでも積極的にコメントをなさるようになったそうです。

 

わたしも出版業界とスタートアップ界隈二足のわらじなので痛感しますが「ブログ発の書籍」がかつて多数刊行されました。


同様に「NewsPicksのコメント欄発の書籍」もAraiさんの深い見識をベースとするとありそう…との予感も。いろいろ楽しみです。

 

ほかの登壇者の方々のお話も「なるほど〜」の連続。いろいろ刺激的でした。

つまりまとめると

  • NewsPicksのコアバリューはコメント機能である
  • NewsPicksはコミュニティーである

ーーよくそう言われます。確かにそれは事実。

 
でも、それを超えた

  • 新しいサービスやプロダクトの誕生
  • 新しい人生の第一歩

こうした流れも生まれつつあるようです。

 
「自分も、NewsPicksをいろんな使い方をしていこうかな」

ーーそう思わせる第3回ピッカー感謝祭でした。

恒例のあれも!

そして、ピッカー感謝祭恒例(?)の手書きメッセージは今回も健在。もうホント、コミュニティーチームの皆さんには頭が下がります。素晴らしい!

f:id:otasho:20181214225444j:image


さらに今回のサプライズは「お土産」。

コメント欄でよく拝見するパティシエ/大学生のMiki Y.さんお手製のNewsPicksクッキーです。おじさんゴコロがくすぐられるお土産に感動しました!

 


f:id:otasho:20181214224543j:image

f:id:otasho:20181214225646j:image


Mikiさん、ありがとうございます~(^^)

 

次回は第4回目のピッカー感謝祭。皆さんも参加なさってみてはいかがでしょうか。わたしももちろん応募します。次回も当選しますように…。

男でも女子会を体験!餃子の王将女子会プランにシェア自転車で行ってきた

男には未知の世界。女子会。どういうものなのか男には、いや、オッサンには想像がまるでつかない世界です。

2018年2月17日。人生初の女子会にオッサンのわたしが行ってきました。参戦した女子会とはこちら。

f:id:otasho:20180217205322p:plain


餃子の王将茗荷谷駅前店「90分女子会プラン」です〜。

f:id:otasho:20180217205343p:plain

  • 餃子食べ放題
  • アルコールもソフトドリンクも飲み放題
  • 中華メニューも1人2種類ずつ注文可

これで女子は1,800円+税。パフォーマンス良すぎます! これは、餃子の王将茗荷谷駅前店に行かねば。

餃子の王将茗荷谷まではシェアサイクルでGO!!

仕事でもプライベートでもシェアサイクルを私は使っています。使っているのは、ドコモ・バイクシェアが運営する渋谷区コミュニティサイクルです。

f:id:otasho:20180217205628p:plain

  • 月額2,000円
  • 1回あたり30分までは何度使っても無料
  • 渋谷区以外でもレンタル&返却可

代々木公園駅の自宅から茗荷谷へ向かう場合、30分以内に収めるために中間地点のポートで自転車を乗り換えます。今回は以下2つのルートに分割して茗荷谷へ向かいました。

【前半ルート】代々木八幡ポート→新宿5丁目ポート

こんなルートで

f:id:otasho:20180217202637j:plain
所要時間は18分

f:id:otasho:20180217210414p:plain


Apple Watchで計測した消費カロリーは127kcal

f:id:otasho:20180217203331j:plain

【後半ルート】新宿5丁目ポート→茗荷谷ポート

ルートはこちら

f:id:otasho:20180217202648j:plain


所要時間は25分

f:id:otasho:20180217210600p:plain


Apple Watchで計測した消費カロリーは154kcal

f:id:otasho:20180217203339j:plain

定額制の自転車シェアリングサービスならば

  1. 移動交通費ゼロ円で都心ならばあちこち移動可能
  2. 通勤時も殺人的な混雑の通勤電車に乗る必要なし
  3. 気が向いたらすぐに出先の至近にあるポートから自転車にいつでも乗れる

特に「3」が最高です。

自転車を購入する体験とは全く異なるユーザー体験。自転車を所有してしまうと不便極まりないw だってそれじゃ、自宅か会社にしか自分の自転車が無いですからね。

ということで「生活を一変させる。快適な生活を叶える。」自転車シェアリングは超オススメです。

餃子の王将茗荷谷駅前店到着!

で、お店に到着。看板を見てテンションが高まります。

f:id:otasho:20180217134927j:plain

女子会参加の皆さんと待ち合わせて、私含めて4人でいよいよ店内へ!

メニュー、充実してます。1人2種類ずつ選べるメニューはこちら。

f:id:otasho:20180217143024j:plain

人数×2つずつ注文OK。したがって、テーブルにならぶ中華料理の品々はバラエティーに富む感じとなります。

餃子の王将の餃子を食べまくる!

90分の女子会スタート。ココぞとばかりに餃子を注文します。

4人前。ウェーイ!

f:id:otasho:20180217144253j:plain

さらに4人前両面焼き。ウェーイ!!

f:id:otasho:20180217145655j:plain

まだまだ注文。ウェーイ!!!

f:id:otasho:20180217154134j:plain

この後もガンガン餃子もアルコールも注文しまくりました。ただ、私がいつものように泥酔モードになったため写真はないですねww

餃子の王将女子会プランは男子が参加してもOKで話も盛り上がる!

餃子の王将女子会プランは「女子会プラン」と銘打っておきながら、男性が参加していてもOK。

女子は1,800円+税
男子は2,000円+税

このお値段で90分たっぷり楽しめました。参加者の皆さんも

  • 某ITメガベンチャー勤務
  • 上場を果たした某スタートアップ勤務
  • 某アプリ展開中のスタートアップ勤務

とバラエティーに富んでいて話が面白かったです。

ちょっと毛色を変えた場所で盛り上がりたいーーそういう時に餃子の王将女子会プラン(男性可)を選んでみると良いかもしれませんよ〜。その際は、私も誘ってくださいね〜🍺

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしかったら

  • この下の【B!ブックマーク(はてブボタン)】
  • ページ右上Author 部分にある【読者になる】

を押して頂けると嬉しいです〜。