ブログ!七転び八起き

出版編集者→ITスタートアップ起業→事業開発コンサルをやっている太田祥平のブログです。

「夏休みプログラミング教室」準備状況レポート

7月3日に、ひとり親家庭の子どもたちに向けて募集をはじめた「夏休みプログラミング教室2020」。

 

想定外の事態が発生しつつも準備を着々と進めています。

 

【1】東京都ひとり親家庭福祉協議会のメルマガで告知

7月13日配信の東京都ひとり親家庭福祉協議会のメルマガで告知を実施。メルマガの効果はやはり大きいですね! 一挙に応募がきました。

 

添えられたコメントからも、ひとり親家庭の子どもたち・親御さんの期待の大きさをひしひしと感じています! テンションがあがる!!!

 

【2】子ども向けの案内ページを用意

7月3日から始めた、東京都ひとり親家庭福祉協議会のウェブでの募集告知は親御さん向けの案内でした。

f:id:otasho:20200716151947p:plain

 

対して、「お子さん向けの案内があった方が良いのでは?」チャリティーサンタのおふなちゃんからアドバイスがあって急ぎでページを用意。

 

f:id:otasho:20200716152217p:plain


受講するひとり親家庭の子ども達にキチンと伝わりますように〜🙏

 

【3】子ども向けの案内ページに合わせてTwitterアカウントを運用開始

プログラミング系のサービス。ということで、Twitterの初投稿はやっぱり "Hello world!!"にしてみましたw

 

「こんにちは、世界〜!」

 

f:id:otasho:20200716152506p:plain

https://twitter.com/codeis_pr

【4】プログラミングで使用するノートパソコンの設定の日々

ひとり親家庭ではパソコンをお持ちでないご家庭が多いです。

そこで基本的に、プログラミングで使用するノートパソコンをすべて私が用意しようとしています。

メルカリやヤフオクで落札したノートパソコンが次々と届いている状況。ノートパソコンが届く度、ノートパソコンの諸設定を黙々とやっています。

さながらパソコンショップ状態。

f:id:otasho:20200713142737j:plain

core i5 第4世代以降・メモリ8G。想像を超えてサクサク動くパソコン達

【5】インターネット回線がないひとり親家庭向けに楽天モバイル契約

パソコンと同じく、インターネット回線がないご家庭も多いのがひとり親家庭です。

そこで、インターネット回線も私が手配しようと決心。

楽天モバイルならばデータ通信容量が無制限です。そこで、楽天モバイルの契約をしようとしたのですが…。

新宿の楽天モバイルショップで想定外の事態が発生。

やむなく、楽天モバイルのWebから1回線ずつ申し込むことに😨

f:id:otasho:20200716153024p:plain

教室の開始までに、ひとり親家庭の子どもたちにインターネット回線をすべて用意できるか綱渡り状態となりそうです。

楽天モバイルの中の方&各携帯電話キャリアの中の方、ご覧になっていたら妙案をぜひご提案いただければうれしいです〜🙋‍♂️(他力本願)。


このように、想定外の事態がやはり発生。でも、来月の「プログラミング教室」実施に向けて着々と準備は進んでいます。

願わくば、今後さらなる「想定外」が発生しませんように🙏

ひとり親家庭の子ども向けに夏休みプログラミング教室を行います

一般財団法人 東京都ひとり親家庭福祉協議会のWebページにて「夏休みプログラミング教室」の開催告知を本日 2020年7月6日より開始しました。

告知ページは↓ 

www.tobokyou.net
今回の夏休みプログラミング教室。3行にまとめると

…というものです。

なぜやるの?

格差はなくなったと見える日本社会。ですが、実際にはそうではありません。

f:id:otasho:20200706191256p:plain

ひとり親家庭の子ども数と世帯数

母子家庭数は年々増加。58.7万世帯(2001年)→76.7万世帯(2017年)となっています。そして、

f:id:otasho:20200706191408p:plain


増加し続ける母子家庭の平均世帯年収は197万円。ひとり親家庭の子ども達の2016年の大学進学率は23.9%。全世帯平均の52.1%を30%近く下回っています

 

わたし自身が母子家庭出身。これら数字の背後にある「ひとり親家庭の子ども達が直面する困難や不安」を放置できない、と思ったのが理由。

 

そうして「大学進学以外の道=ITエンジニアを目指して学び、ITエンジニアとして働く道」を子ども達に示していきたいと思うようになりました。

なぜプログラミング教室なの?

f:id:otasho:20200706192106p:plain

プログラミング教育にフォーカスする背景

端的にいうと上記3点が理由です。大学進学とは別の道として

  1. プログラミングを学ぶ喜び
  2. 働き始めたあとの明るい未来

「この2つを、ひとり親家庭の子ども達に届けられるのでは」と考えたのが背景です。

もっとリアルに背中を押したのは…

上記のような定量的なデータだけでなく、もっとリアルに私の背中を押した理由が実はあります。

f:id:otasho:20181224154239j:plain

チャリティーサンタに参加して初めてサンタになった時の私
  • ボランティアとして関わるチャリティーサンタで訪問したひとり親家庭の子どもが
  • 「九九頑張る!」とサンタ(=私)と約束した10年後にぶち当たるかも知れない
  • 「教育格差(進学格差)」問題を放置できない

…というもの。

 

サンタとして訪問した際にわたしが励ましてあげた子ども達。

 

彼や彼女が、約10年後に進学の壁にぶち当たって絶望しそうになった時に「学ぶ楽しさ」と「明るい未来」を用意しておきたいという思いです。

 

今回の期間限定の夏休みプログラミング教室はその第1歩。

 

第1歩をうまく踏み出して、プログラミング教室を通年開催→ひとりでも多くの子ども達に学ぶ楽しさを届けていきたいと願っています。

お願い

今日の告知開始に至るまでも「文字どおり想定外の連続」&「(急性心膜炎での今年1月の入院以来)わたしも体調がすぐれない」ということで七転八倒続きでした。

 

来月8月の教室開催までもいろいろ想定外があるかもしれません。無い方がいいけど😨 そこで、

  1. 「あれ。プログラミング教室はどうなった?」と思ったら私にツッコミをw
  2. ひとり親家庭のお知り合いがいる」方はぜひ↓のリンク先の告知ページをシェアしていただければうれしいです🙏

www.tobokyou.net

よろしくお願いします(^^)

タクシー配車アプリDiDiでタクシーに乗ってみた

 

f:id:otasho:20190907160824p:plain

2019年4月24日に東京都内でDiDiがサービスを開始して4か月半。

DiDiとは、中国の滴滴出行(ディディチューシン)が運営するライドシェアサービス。Uberを上回り今や世界最大のライドシェア企業となっています。

newspicks.com

ところが日本では、世界から周回遅れの規制ゆえにタクシー配車アプリとしてのみDiDiは利用可能という状態。

とはいえ、ソフトバンク・ビジョン・ファンドも出資したDiDiです。やはり使ってみたい。

ただ、都内での移動はわたしはもっぱらドコモ・バイクシェアを使っているのです💦

sho.hateblo.jpゆえに、DiDiを利用する機会もなかった次第。ですがついに、DiDiを使う機会がやってきました。

1.DiDiでタクシーを予約する

f:id:otasho:20190907153645p:plain
f:id:otasho:20190907154210p:plain
f:id:otasho:20190907154637p:plain
左:目的地の入力。中央:タクシーを呼ぶ。右:支払い方法変更

まずは、行き先をDiDiで入力します。住所をわざわざ入力しなくても行き先の会社名や店舗名でも大丈夫。これは楽チン。

出発地へ迎車が来る時間もDiDiで表示。上記写真中央の現在地の脇に入っている「4分後に乗車」というのが時間表示です。

タクシーを呼ぶ際、DiDiの画面左下=[タクシーを呼ぶ]ボタンの上にあるクレカマークをタッチすれば支払い方法の変更もできます。今回、変更をし損ねて高還元率のPayPay払いにしなかったのが残念無念💦

2.DiDiでのタクシー移動中&下車後

f:id:otasho:20190907155148p:plain
f:id:otasho:20190907155158p:plain
f:id:otasho:20190907155205p:plain
左:移動中。中央:下車後。右:領収書送信


タクシーでの移動中は目的地到着までの残り時間がDiDiでは表示されます。なによりラクなのは降車時にタクシーをすぐ降りられること。

  1. DiDiで迎車を手配した時点で支払い方法選択済み
  2. DiDiアプリから領収書を取得可能

…というのが理由。タクシーを降りるときに、料金の支払いやレシートの受け取りでモタモタする体験からDiDiは解放してくれるわけです。

3.DiDiでタクシーに乗る利点

実は、タクシー配車国産アプリJapan taxiとDiDiはさほど使い勝手は変わりません。ただ、JapanTaxiと比べた際のメリットは大。

DiDiは迎車料金がかからない一方、JapanTaxiはなんと迎車料金がかかるのです。

japantaxi.zendesk.com

上記の迎車料金問題含め以下2点でDiDiでのタクシー乗車の方が良さそう。

  1. DiDiは迎車料金がかからない
  2. 2日先までの日時指定での予約がDiDiは可能

タクシー利用時に、流しのタクシーを捕まえるので必死になっている皆さん。迎車料金ナシのDiDiでサクッとタクシーに乗るのが良いかもしれません。

 

2019年9月時点では、「DiDi」タクシー¥1,000 OFFクーポンも入手可能。クーポンも活用しながらスマホでサクッとタクシーに乗りたいですね。

d.didiglobal.com