ブログ!七転び八起き

出版編集者→ITスタートアップ起業→臥薪嘗胆準備中な人が中の人のブログです。

男でも女子会を体験!餃子の王将女子会プランにシェア自転車で行ってきた

男には未知の世界。女子会。どういうものなのか男には、いや、オッサンには想像がまるでつかない世界です。

2018年2月17日。人生初の女子会にオッサンのわたしが行ってきました。参戦した女子会とはこちら。

f:id:otasho:20180217205322p:plain


餃子の王将茗荷谷駅前店「90分女子会プラン」です〜。

f:id:otasho:20180217205343p:plain

  • 餃子食べ放題
  • アルコールもソフトドリンクも飲み放題
  • 中華メニューも1人2種類ずつ注文可

これで女子は1,800円+税。パフォーマンス良すぎます! これは、餃子の王将茗荷谷駅前店に行かねば。

餃子の王将茗荷谷まではシェアサイクルでGO!!

仕事でもプライベートでもシェアサイクルを私は使っています。使っているのは、ドコモ・バイクシェアが運営する渋谷区コミュニティサイクルです。

f:id:otasho:20180217205628p:plain

  • 月額2,000円
  • 1回あたり30分までは何度使っても無料
  • 渋谷区以外でもレンタル&返却可

代々木公園駅の自宅から茗荷谷へ向かう場合、30分以内に収めるために中間地点のポートで自転車を乗り換えます。今回は以下2つのルートに分割して茗荷谷へ向かいました。

【前半ルート】代々木八幡ポート→新宿5丁目ポート

こんなルートで

f:id:otasho:20180217202637j:plain
所要時間は18分

f:id:otasho:20180217210414p:plain


Apple Watchで計測した消費カロリーは127kcal

f:id:otasho:20180217203331j:plain

【後半ルート】新宿5丁目ポート→茗荷谷ポート

ルートはこちら

f:id:otasho:20180217202648j:plain


所要時間は25分

f:id:otasho:20180217210600p:plain


Apple Watchで計測した消費カロリーは154kcal

f:id:otasho:20180217203339j:plain

定額制の自転車シェアリングサービスならば

  1. 移動交通費ゼロ円で都心ならばあちこち移動可能
  2. 通勤時も殺人的な混雑の通勤電車に乗る必要なし
  3. 気が向いたらすぐに出先の至近にあるポートから自転車にいつでも乗れる

特に「3」が最高です。

自転車を購入する体験とは全く異なるユーザー体験。自転車を所有してしまうと不便極まりないw だってそれじゃ、自宅か会社にしか自分の自転車が無いですからね。

ということで「生活を一変させる。快適な生活を叶える。」自転車シェアリングは超オススメです。

餃子の王将茗荷谷駅前店到着!

で、お店に到着。看板を見てテンションが高まります。

f:id:otasho:20180217134927j:plain

女子会参加の皆さんと待ち合わせて、私含めて4人でいよいよ店内へ!

メニュー、充実してます。1人2種類ずつ選べるメニューはこちら。

f:id:otasho:20180217143024j:plain

人数×2つずつ注文OK。したがって、テーブルにならぶ中華料理の品々はバラエティーに富む感じとなります。

餃子の王将の餃子を食べまくる!

90分の女子会スタート。ココぞとばかりに餃子を注文します。

4人前。ウェーイ!

f:id:otasho:20180217144253j:plain

さらに4人前両面焼き。ウェーイ!!

f:id:otasho:20180217145655j:plain

まだまだ注文。ウェーイ!!!

f:id:otasho:20180217154134j:plain

この後もガンガン餃子もアルコールも注文しまくりました。ただ、私がいつものように泥酔モードになったため写真はないですねww

餃子の王将女子会プランは男子が参加してもOKで話も盛り上がる!

餃子の王将女子会プランは「女子会プラン」と銘打っておきながら、男性が参加していてもOK。

女子は1,800円+税
男子は2,000円+税

このお値段で90分たっぷり楽しめました。参加者の皆さんも

  • 某ITメガベンチャー勤務
  • 上場を果たした某スタートアップ勤務
  • 某アプリ展開中のスタートアップ勤務

とバラエティーに富んでいて話が面白かったです。

ちょっと毛色を変えた場所で盛り上がりたいーーそういう時に餃子の王将女子会プラン(男性可)を選んでみると良いかもしれませんよ〜。その際は、私も誘ってくださいね〜🍺

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしかったら

  • この下の【B!ブックマーク(はてブボタン)】
  • ページ右上Author 部分にある【読者になる】

を押して頂けると嬉しいです〜。