ブログ!七転び八起き

出版編集者→ITスタートアップ起業→臥薪嘗胆準備中な人が中の人のブログです。

ステーキガスト カットステーキ16人前2.56kg完食大作戦

2018年1月19日に行われたステーキガスト カットステーキ食べ放題。食べ放題ファン&筋トレ増量期の私としてはバルクアップ飯の一環としても「これは行かねば!」と思った次第。

www.skylark.co.jp制限時間90分のカットステーキ食べ放題がなんと税込2,375円なのです。
サラダバーもついてこの値段。
これにドリンクバー215円を付けて注文するのが正統派かと思います。

開催場所はステーキガスト福生熊川店。

JR青梅線拝島駅徒歩12分。自宅最寄りの原宿駅からだとJRで1時間強かかる距離です。遠い…。

ステーキガストはソースバーが選べるのが◎

ステーキガストは、カットステーキ食べ放題に限らずステーキやハンバーグのソースも選び放題&取り放題。これ、ステーキガストの大きいメリット。今回はこれらのソースを選んでみました。

  • うま塩
  • ニンニク醤油
  • ガーリック
  • 和風たまねぎ
  • ゆずぽん酢
  • てりやき

f:id:otasho:20180119110645j:plain

6種類を小皿にいれて準備万端です!

ステーキガストカットステーキ食べ放題は綿密な攻略作戦が必要

ステーキガストの食べ放題は実は3回め。これまでは

  • 1回め7人前
  • 2回め10人前

という成績でした。
ステーキガストカットステーキ1人前は160gです。そこから逆算すると、自分としてはもっと食べられると思っていました。すなわち、今までは不甲斐ない結果ということ…。
そこで、前回・前々回の反省を踏まえて次の作戦を立てて臨みました。

ステーキガスト カットステーキ食べ放題攻略作戦

  1. サラダバーには冒頭90分間は手を出さない【超重要】
  2. ポテトとオニオンは抜きにしてもらう【重要】
  3. 最初の30分で→10人前(1,600g)を完食
  4. 休憩を30分入れる
  5. 次の30分で→3人前(480g)を完食
  6. オーダー締め切り90分時→3人前オーダー
  7. 90分の制限時間終了後→ゆっくりと3人前(480g)を完食

これで、16人前・2,560gのカットステーキ完食を目指します。

ステーキガストカットステーキ食べ放題スタート!

最初の1人前。作戦どおり、ポテトとオニオンは抜き。食欲をステーキ肉に集中させられます。余裕余裕。旨い!

f:id:otasho:20180119110855j:plain

次は3人前。これで累計4人前完食。

f:id:otasho:20180119111332j:plain

次も3人前。累計7人前完食。これで1回め来訪時の記録に並びました。

f:id:otasho:20180119112255j:plain

3度めのオーダーも3人前。累計10人前完食。2回め来訪時の記録に並びました。でも、みんな写真が同じに見えますね。

f:id:otasho:20180119113400j:plain

ここまで予定通りのペースで進行。最初の30分間で10人前を完食しています。正直、お腹いっぱい。作戦にしたがって、ここから休憩を30分いれます(開始後31分〜60分)。

ステーキガストカットステーキ食べ放題は11人前からが難関

作戦立案時にわかっていたことですが、11人前からは文字通り苦闘の連続。休憩30分経過後(=食べ放題開始60分時点)でまず1人前をオーダー。

「ちょっと無理じゃない?」という予感で1人前をオーダーと日和ってしまいました。

f:id:otasho:20180119122226j:plain

1人前はなんとか大丈夫で、当初作戦に戻すべく2人前をオーダーします。

f:id:otasho:20180119122751j:plain

これら「1人前+2人前」を食べるのになんと20分。最初の30分と比べるとペースは1/3以下に低下しています。とはいえ、前人未到(?)の13人前完食に感動する私…。

カットステーキ注文制限時間間近でラストの3人前をオーダー

カットステーキ食べ放題の開始から80分経過。いよいよラストの3人前をオーダーしました。

f:id:otasho:20180119124401j:plain

制限時間90分ギリギリでカットステーキ3人前が到着。このあとゆっくりと3人前のカットステーキを食べていきました。

オーダーの制限時間が90分というルールを逆手にとるのがコツ

このように、ステーキガスト カットステーキ食べ放題は注文の制限時間が90分。そこで、ステーキガスト カットステーキ食べ放題の制限時間終了間際にラストオーダーをするのがコツ

その後は、ドリンクバーの飲み物をちょびちょび飲みつつ、最後にオーダーしたカットステーキを食すのがオススメです。

ステーキとの戦いを終えて

もちろん、ステーキガスト カットステーキ食べ放題に臨むにあたって当日は絶食。
ステーキガストを出た後は、原宿のゴールドジムへ行き思いっきりトレーニングができました。ステーキのパワーは筋トレに有効!

筋トレに励む皆さんも、増量期のバルクアップ食にステーキガストのカットステーキ食べ放題を取り入れてみてはいかがでしょうか〜? レップ数・セット数などが向上するかもしれませんよ。

今後のステーキガストカットステーキ食べ放題のスケジュールは以下に掲載されています。

https://www.skylark.co.jp/steak_gusto/menu/steak_houdai/pdf/steak_houdai_tenpo.pdf

 

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしかったら、この下の【B!ブックマーク(はてブボタン)】を押して頂けると嬉しいです。

「待ち」を減らすと売り手良し!買い手良し!みんな良し!

「行列」に関するハーバード・ビジネス・スクールの研究がNewsPicks話題です。

www.lifehacker.jp

ちょっと待って!そもそも行列で待ち続けるのがムダでは?

前掲記事の概要は

  1. 店頭のレジ待ちなどで複数の行列がある場合
  2. 短い列に並び替える「列替え」をすると
  3. 多くの場合逆に待ち時間が増える

…というもの。

しかしです。そもそもお店のレジに並ぶのがムダでは?

故に私は、スーパー・コンビニへ極力近寄らない人生にしようと思ったのです。月間の購買におけるEC化率を金額ベースで9割以上にしたのはそれが理由。行列と無縁の人生はストレスを感じないのでとても良いですよ。

80年だか100年しかない人生を行列に並び続けて無為に過ごすのはモッタイナイ! 行列レスの人生をあなたも始めてみませんか?

ディズニーランドの途方もない行列は更に謎

ちなみに、私が東京ディズニーランドへ1度しか行ったことがないのも行列が原因。

1つのアトラクションを楽しむのに1.5〜2時間待たされるというのは間違っています。映画が1本観られるほどの時間を行列で過ごすのを強要されるなんて変。

これ、東京ディズニーランドが1日に受け入れられる以上の人を入園させているのがそもそも原因。解決策としては…

  1. 入場規制を実施
  2. 航空券と同じくリアルタイムで価格を最適化する「予想限界座席収益(EMSR)」で入園料を決定

こうすれば以下のようにいい事だらけだと思うのですが…。

  • 特定の日にどうしても入園したい人は高価格で入園
  • 安い方がいい人は空いている日や時間帯を選んで低価格で入園
  • すると、東京ディズニーランドから行列も無くなる

Webやアプリも同じ。大抵の人は待ち続けません

待ち続けるムダはレジや東京ディズニーランドだけではありません。Webやアプリの待ち時間(=表示待ち時間)も同じ。

ただ「Webやアプリの待ち時間」はGoogleのお陰で改善が進んでいます。

   ↓

  • 各サイトの運営主体は、表示速度を短くする工夫を繰り返す

という好循環ができているから。例えばこちらの記事で紹介されている事例。

note.mu日経電子版について言及するUIUXの大御所 深津貴之さんの以下の言葉がすべてを象徴しています

待たせる事の損失はレジ行列もWebも同じ。
深津さんがおっしゃるように「待たせると離脱」するのです。私が、スーパーやコンビニから足が遠のいたのもレジ行列で待たせられていたからなのですから…。

レジ待ち行列を店舗から一掃するAmazonGo

レジ待ち行列を無くす試みで有名なのはAmazon無人コンビニAmazonGo。商品を手にして店舗出口を通過するだけで決済完了という解決策。そもそもレジが存在しないお店。レジ待ち行列もありえませんよね。

こういうお店が日本で登場すれば、再び店頭で私も買い物をするようになります。早く登場して欲しいなぁ〜。

Nintendo Laboに見習えば新規ビジネス作りでもう悩まない

携帯ゲーム機Nintendo Switchで絶好調なゲームメーカーの雄 任天堂が2018年1月18日に発表したNintendo Labo。その公式YouTube動画が必見です。

これを観てたら鳥肌がたちました。

テクノロジーで子どもも大人も感動させられる

鳥肌がたったのは、アラフォーオッサンの私でも「男の子ゴコロ」を刺激されたから。「楽しそう!」

「ワクワクする!」

「これは面白い!」

…ですよね? ゲーム機器にはまるで興味が無かった私。なのに「Switch買わなければ!」と思わせる感動訴求が公式動画には満ちているのです。

もちろん、動画の魅せ方もマーケティング的に上手。「ええっ! このピアノはどういうこと」と驚かせるあたりがそうです。

新規ビジネスはこの掛け算で作れる

  • Nintendo Switchが備えるセンサーの固まりというテクノロジー

      ×

テクノロジーとアナログを掛け算。ワクワクはこの掛け算から生まれているのです。テクノロジー・アナログ、どちらかだけではココまで刺さりません。

私たちのビジネスでもこの掛け算を踏まえて仕事をしていきたいと思わせられるのがこのNintendo Labo。

テックだけでは駄目。

アナログだけでも駄目。

駄目ぜったい(某CM風)。